« タユタマ-kiss on my deity- | トップページ | タユタマ-kiss on my deity- その3 »

2008年7月16日 (水)

タユタマ-kiss on my deity- その2

タユタマを全ルート終わったので感想や考察でも書こうと思います。
ミクシィではタユタマ日記を書き続けてきたけどネタバレを含む感想は一切書いてないので本編を交えた感想は今回が初めてです。

ここから何日かかけて書いていこうと思います。
1回で済ませたらすごく長くなりそうだしね。


とりあえず全体を通した感想だと長らく待った甲斐があったと思います。
満足、満足。


キャラクターではやっぱりましろ。
ホントましろ大好きです。
ましろみたいな嫁欲しいです。

次にくるキャラは鵺ですね。
あれは反則。
いいロリキャラだ。

そうそう体験版の時の疑問も解けました。
その疑問と言うのは三強のことだったのですけど応龍、鳳凰は中国神話の四霊である。
しかし鵺は四霊とは関係ない。


鵺は平家物語などに出てくる日本の妖怪。
なぜごちゃまぜなのか疑問だったけどこれはどうでも良かったみたいね。

八衢の祖である景玄が三強と呼ばれる太転依に名付けただけみたいでした。


さて気になるところがありまして既読・未読の判定はどうなっているのでしょうか。
判定がすごく滅茶苦茶だった気がします。
そこが気になりました。

タユタマは個別ルートに入っても基本共通ルートですからね。
余計に既読・未読の判定が気になりました。


共通が長いから先にましろルートやって良かったと思う。
というわけでここからましろルートについての感想。


ましろルートに関しては展開が読めていました。
裕理の持つ退魔の霊能がましろを蝕む展開は読めてました。

それでも目から汗を流し続けました。
ああいったシナリオには弱いのです。

本当に祝言、三三九度、誓詞のシーンではボロ泣きでした。


これから始まる夫婦なのに、裕理の退魔の霊能が嫁を殺すことになるなんて悲しすぎます。

それにしても退魔の霊能は物騒な能力ですね。
祖先(人間)の生への執着、業が生み出したそれこそ身勝手な力。

太転依を滅ぼすための力。
嫁を傷つけてしまう力。

八衢の末裔たる裕理に備わってしまった悲しい力。


裕理は祖先の退魔の霊能を自分に向け生への執着、業を全て受け入れ化成した。
結局裕理も太転依になったということでいいのだよね?

神気が流れる限り命が続くのだよね。
世界が終わるまでこの世を揺蕩う存在。

ましろエンドってどれくらいの時が流れたのだろうか?
何百年単位なのかな。


後「ここらへん結構大変だったから」、「地形、すっかり変わっちゃいましたから」、「世の中落ち着いてきたから隠居しよう」などの台詞を見る限り世界滅亡クラス的なことでも起こったのでしょうか。


二人が居る場所って葦原町の物語冒頭で三九とバイク押してた場所でしょう?
道は崩れているし葦原町は沈んでいる。

世界の行く末を見守る存在になっていますな。
裕理はましろと添い遂げる為に色々な事を犠牲にしているみたいですし。

けどそれが裕理が望んだこと。
最後のましろの笑顔にはドキッとした。

さてましろルートの感想終わり。
明日以降は他のキャラのルートの感想です。

|

« タユタマ-kiss on my deity- | トップページ | タユタマ-kiss on my deity- その3 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こちらには初めてコメントさせていただきます
タユタマは自分も現在プレイ中で、先ほどアメリルートを終了させました。もう応龍に萌えました。でも個人的にはみっふぃーがストーリ、キャラ共に好みだったり
ましろルートはラストがちとぶっ飛びすぎだと感じてしまいました。(ましろ好きな方すみません...)
何年後という話なのでしょうが、自分は
ましろを救うため祐里、力開放

なんかの作用で街崩壊

アメリや友人、家族を巻き込みましろ救出
といった黒いストーリーを考えてしまいました...orz

投稿: fast | 2008年7月19日 (土) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010898/22345764

この記事へのトラックバック一覧です: タユタマ-kiss on my deity- その2:

« タユタマ-kiss on my deity- | トップページ | タユタマ-kiss on my deity- その3 »