« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

非想非非想天の娘

【イラスト】比那名居天子

Hinanaitennshi2

天子かわいいよ天子。
パソコンのスペックが低すぎてろくに緋想天ができないのが悲しすぎる。
天子お願いだから私を癒して下さい。

そういえば何で天子はドM扱いされているのだ?
異変を起こして解決してもらおう→フルボッコにされたい→ドMって流れなのかな?

個人的にはかまって欲しいだけに見えるのだけどね。
ドMよりもかまってちゃんの方が私好みなのでそう解釈することにする。

まあ私はSなので天子がMでも相性はいいとは思うけど。
ああもう天子かわいすぎる。

ついに東方キャラの中で3番目に好きなキャラになってしまいました。
2位の霊夢もすぐに抜きそうだなあ。

1位の早苗さんにはまだまだ及ばないけど。
最近pixivに早苗のタグの部分にしんのホイホイってのがあるけどあれがすごく気に食わないです。

どうにかして欲しいなあと思ってみたり。
今のホイホイ担当って早苗さんなのですか?


話をマゾとかに戻しますとM(受け)系のキャラはかなり好きですがS(攻め)系のキャラは場合によりけりですが結構苦手です。
今、テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士をプレイ中だけどドSのアリスは苦手なのですよ。

ラタトスクはマルタがいいね。
ついに釘宮病に感染ですよ。

さてラタトスクの続きやるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

地霊殿Web体験版0.02a

地霊殿web体験版がアップされましたね。
バージョンも0.02aにアップされています。

インストールしてやってみたところ難易度的には例大祭の0.01aと変わらないかなという印象。
まだノーマルしかやってないから全体的にどうかは分かりませんが。

風神録はあからさまな難易度修正が掛かっていましたから今回はどうなのだろうと思っていましたが変わった印象を受けませんでした。

風神録の例大祭版の体験版はやったことありませんがリプレイは見たことあるので難易度の変化が起こっていることには気付きました。

ポロロッカの密度が違ったしね…。


今回はバグ修正がメインですかね。
地霊殿非公式サポートが随分と役に立っていたみたいです。

私もあそこでどんなバグがあるか確認したものです。

地霊殿製品版は夏コミ予定。(2日目)
スペースはいつもの所。

去年は1日目でしかも東だったのですよねえ。
あの列はやばかったなあ…。

あまり思い出したくないな。
無事風神録買えたから良かったけど。

今回は即日委託するのかなあ。
それだったら今回は並ばないのだけど。

通販あたりで済ますかなあ。
ホワイトキャンパス以外で。

あそこは酷いからなあ…。

今回の4面は誰かなあ。

風神録の場合は射命丸と分かりきっていたのでああやっぱりって感じでした。
舞台が妖怪の山で河童出したのだから天狗来ないとでしたからね。


射命丸が中ボスに収まるキャラでもないですからね。
射命丸は一応東方キャラの中でも最強クラスですしね。

やっぱり今回の4面は魅m、うわっなにするやめry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

比那名居天子と日本神話、仏教

今日は東方緋想天の新キャラ比那名居天子と仏教、日本神話に対する考察。

まずは天子は天人(天人くずれ)である。
性格は我侭、有頂天とあるがこの有頂天という単語は元来仏教用語である。
ちなみに2つ名の非想非非想天の娘の非想非非想天も仏教用語。

現代で使う絶頂を極めるなどの意を持つ有頂天は俗語である。

仏教でいう有頂天は三界の最上位である無色界の最頂部を指す。
また無色界の中で最頂点である非想非非想天のことを有頂天と呼んだりする。

有頂天=非想非非想天って考えていいと思います。

有頂天に関しては色究竟天(しきくきょうてん)を有頂天とする考えもある。
色究竟天は色界の最頂部のことである。

この2つの違いはというと仏教と法華経で有頂天の捉え方が違うからである。
仏教では三界最上位の無色界の非想非非想天を有頂天とする。
どちらかというとこちらが一般的。

法華経では色界の最頂部の色究竟天を有頂天とする。
漢訳されたときに色界の最頂部に有頂という単語を使って訳された。

ここには有頂天の原語となる言葉はなかったのであるが有頂という単語が使われてしまったため色界の有頂が有頂天であると混同されやすくなったという。


さてここからは天子と日本神話について。
まずは比那名居家が仕えていた名居家について。

名居家は死後名居守(なゐのかみ)と呼ばれるようになるがその名居守とは一体何か。
名居とは地震の古語である。
名居守とは地震の神のことを指す。

名居守は神の名前ではない。
海の神、山の神などといった神格の1つと言っていいだろう。
東方で言えば儚月抄の住吉三神が海の神、航海の神であったり神奈子が山の神(本来は風雨、農業の神)とかがいい例である。

しかし名居守という神格があっても神名が出てきていないのである。
どの神が名居守であるか分からないのである。

名居守の神名については諸説ある。

鹿島神宮にある要石が地震を抑えていると言う伝承がある。
この伝承から建御雷神(タケミカヅチノミコト)が名居守であるという説があるが記紀にはタケミカヅチと地震を関連付ける記述はない。

また三重県には名居神社がある。


この神社は名居守を祀る神社ではないかという説があるという。
この名居神社は大己貴命を祀っているという。


さてこんな感じで天子に関する考察終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

天子に会いたい

タイトルはギアスの中華連邦の天子様のことではありません。
ギアスの天子様も好きではありますけど。

天子は天子でも緋想天の比那名居天子のことです。
私は緋想天を買いましたが天子には未だに会えません。


格ゲーが下手すぎるというのではなくプレイできない状況。
一応起動はするのだけど途中で絶対落ちるのですよorz


だからストーリーやっても天子に辿りつけないのです。

原因はグラボでしょうね。
私のパソコンは4年以上の前の物でしかもサポート対象外のオンボードですからね…。


天子に会いたいよ。
見た目的には早苗さんには負けるけどかなり好き。

自分勝手で有頂天らしいけどそれでも好きなはずだ。
うわーーーん、天子に会いたいよー。


緋想天で天子に会えないのでpixivで天子様の画像を漁ってウハウハ。
よし私も天子を描こう。

何時ここに上げられるかは分からないけど。
かなりの遅筆なので仕方ない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

散財予定

イラストはこの間の茅羽耶の元絵。

Chihaya1 

前回のは完成してからpixiaでちょっと弄ったやつだったりする。

けど前回の絵の方が個人的には気に入っていたりする。

さて6月27日に色々と散財することが確定しています。


まずタユタマ×3。
初のエロゲ複数買い。

オフィシャル、げっちゅ屋、グッドウィルで予約済み。
これで3万。


後はアマゾンでWii用ソフトテイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士を先ほど予約しました。
タユタマOPの瞬間スプラインと同時予約したので発売日が6月26日発売のラタトスクも6月27日に届きます。

ちなみにWii持っていません。
だからWiiも買わないといけません。

まあWiiは後回しの予定ですけどね。
まずはタユタマやってからですね。

タユタマが終わったらWiiを買いに行こうかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

夏空カナタ

ブログでパソゲーについて初めてですね。

夏空カナタをプレイしましたー。
ゆずソフトのゲームはぶらばん以来ですね。

E×Eはやってないのですけどやっぱりやりたいのでそのうち買ってこようかなあと思っています。

まずはイラスト。
Chihaya01_2

茅羽耶です。
夏空カナタでは茅羽耶がすごく好きです。

黒髪ロング白セーラーワンピ麦わら帽子と記号の多さもさることながら性格なども私好みのためかなり好きですね。

さて夏空カナタですが実に1年5ヶ月ぶりにパソゲーを買った次第であります。

ゆずはキャラクターがいいので基本絵買いですが。
まあ私は大体絵買いですがね。

それで順番ですが由比子→茅羽耶→沙々羅の順番でプレイ。

由比子ルートでは超展開に奇を喰らいました。
まさかあういった展開になるとは思いませんでした。

物語、引いては塔弦島の核心部分には一切触れないので一番最初にやると付いていけない感じがします。
他ルートをやれば納得できるとは思います。

あと由比子ルートは他の2ルートとは独立しているのですかね?
地震とか起きませんし。
フミオさんの巫女として十分に機能しているということでしょうか。


さて次にやったのが大本命の茅羽耶。
話を進めるにつれてただの短期記憶障害ではないことはすぐに分かりますが島のシステムの件について触れた時点でこうなるのかなと思っていました。


正直茅羽耶消滅シーンはすごく辛かったです。
あれは泣きます。

私にとって泣くなというほうが無理です。
徐々に消え行く様子がとても辛かった。

最後まで笑顔だった茅羽耶に涙した。

茅羽耶ルートはそのあとも少し続きますが島のシステムよって巫女遺伝子内臓して蘇ったエンディングは少々厳しかったです。

目の輝きを失いつつあったからね。
茅羽耶の性格からしたらこの展開は読めるのだけどやっぱり悲しい。
茅羽耶には何も縛られずに幸せになって欲しかった。

だからその分例え2人の記憶が無くても過去を改竄して茅羽耶を救ったエンディングに救われた。
2人が幸せになれるはずだから。
船着場のCGの茅羽耶の笑顔には救われた。
茅羽耶本当にかわいいなあ。


ただそのEDだと沙々羅が巫女をやらされているはずだよね。
そこを考えると悲しいよね。

沙々羅ルートだと茅羽耶は消滅しているはずだし。


それで沙々羅ルートですが3つのルートの中では一番良かった。
かなり泣いた。

親子っていいなあと思ったルートでした。
避難前の祭りのシーンで泣き、エンディング前の「私のかわいい沙々羅」でボロ泣きでした。

あれは反則だ。
エンディングの京極沙々羅ってところも良かった。
読めた展開だけどそれがいい。


まあ3ルート通すとシステムに関して矛盾が生じるのだけどどうなのだろうか。
あとシステムという単語が妙に浮いているのでどうにかならなかったのかなあと思う。

尺が短いとは言われているけど個人的には満足でした。
まあ茅羽耶がいるだけで満足できるのですけどね。

これにて夏空カナタの感想終わり。
茅羽耶かわいいよ茅羽耶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »